スカーレット・ヨハンソン ニュース&Wiki etc.

スカーレット・イングリッド・ヨハンソン(Scarlett Ingrid Johansson、1984年11月22日 - )は、アメリカ合衆国の女優、歌手。身長160cm。左利き。日本で多く見られる「ヨハンソン」という表記は父方のデンマーク系の読み方である。他の表記としては「ジョハンソン」、「ジョハンスン」などがある。アメ… (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「スカーレット・ヨハンソン」のつながり調べ

  • アイアンマン (映画)

    アイアンマン (映画)から見たスカーレット・ヨハンソン

    本作のヒットを受けて2作の製作も決定。脚本は『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』を執筆し、同作に出演したダウニー・Jr.を唸らせたというジャスティン・セロウが担当する。ファヴロー監督や主要キャストの続投も報じられたが、メインキャラクターの1人「ジェームズ・ローズ」を演じたテレンス・ハワードは続編の製作決定直後、出演料に関してマーベル側と衝突し急遽降板。第2作『アイアンマン2』(2010年5月7日全米公開)以降は、ダウニー・Jr同様に原作の大ファンであるドン・チードルが代役として出演する。この直後、本作に「ニック・フューリー」役でカメオ出演したサミュエル・L・ジャクソンも続編への関与を否定したが、その後マーベル側と『アイアンマン2』『アイアンマン3』を含む9作に登場する契約を交わし復帰した。『アイアンマン2』のヴィラン(悪役)には、ミッキー・ロークが「アイヴァン・ヴァンコ(=ウィップラッシュ)」役で、そしてサム・ロックウェルが原作におけるトニーの好敵手「ジャスティン・ハマー」役で登場することが決定した。ちなみに一部マスコミではロークの降板が報じられファンが激怒するという騒動もあったが、後にロークはこれらの報道を否定するため自ら出演に関してのコメントを寄せている。また、時を同じくして登場が発表された「ナタリー・ラッシュマン(ナターシャ・ロマノフ=ブラック・ウィドウ)」役には、スカーレット・ヨハンソンが抜擢。同役はエミリー・ブラントが交渉を受けたがスケジュールの都合で実現しなかったという経緯があり、エリザ・ドゥシュクも同役を切望していたことを打ち明けている。(アイアンマン (映画) フレッシュアイペディアより)

  • 福山桜子

    福山桜子から見たスカーレット・ヨハンソン

    映画『ロスト・イン・トランスレーション』(ビル・マーレイ、スカーレット・ヨハンソン/ソフィア・コッポラ監督)ボイス・オーバー(福山桜子 フレッシュアイペディアより)

「スカーレット・ヨハンソン」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「スカーレット・ヨハンソン」のニューストピックワード