ビクトル・ヤヌコビッチ ニュース&Wiki etc.

ヴィークトル・フェードロヴィチ・ヤヌコーヴィチ( ローマ字表記は、Viktor Fedorovych Yanukovych、1950年7月9日 - )は、ウクライナの政治家。ヤヌコヴィチ、ヤヌコヴィッチ、ヤヌコビッチ、ヤヌコービッチ、ヤヌコーヴィッチとも表記される。大統領(第4代)、元首相(第9・12代)を歴任した。経済… (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ヴィクトル・ヤヌコーヴィチ」のつながり調べ

  • 2004年ウクライナ大統領選挙

    2004年ウクライナ大統領選挙から見たヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    当初、決選投票により与党ヴィクトル・ヤヌコーヴィチ首相が当選とされた。しかし、野党「我がウクライナ」の指導者ヴィクトル・ユシチェンコ元首相の陣営はこれに反発、与党陣営が不正を行ったとして勝利宣言。以後、野党支持者によるデモや政府施設への包囲が続き、同国内は混乱状態に陥った(オレンジ革命)。親欧米感情が強い西部(首都キエフ市、旧ポーランド領リヴィウ市等)が野党支持で、親ロ感情の強い東部が与党支持。一時は分裂の危機さえあった。(2004年ウクライナ大統領選挙 フレッシュアイペディアより)

  • クリミア自治共和国

    クリミア自治共和国から見たヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

    2013年から2014年にかけてウクライナ経済の低迷をきっかけにウクライナ国内で親露派と親欧米派の対立が激化し、2014年2月24日、ヴィクトル・ヤヌコーヴィチ政権が崩壊する。ヤヌコーヴィチ政権が崩壊し、暫定政権が発足するが、クリミア自治共和国では、暫定政権への移行に反対する親ロシア派のデモが拡大し、反ロシア派住民との間に衝突が発生した。2月27日、武装勢力が地方政府庁舎と議会を占拠。翌日には首都シンフェロポリの空港が占拠される。ロシアは否定しているが、この武装勢力はロシア軍である可能性が高いとみられた。ロシア系武装勢力が占拠する中でクリミア議会はウクライナの暫定政権を承認した当時の自治共和国首相を解任し、親露派のを新首相に任命した。3月1日、ロシアが自国民保護を名目に本格的に軍事介入を開始し、以降ロシアが半島を支配している。(クリミア自治共和国 フレッシュアイペディアより)

「ヴィクトル・ヤヌコーヴィチ」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ