ミヒャエル・バラック ニュース&Wiki etc.

ミヒャエル・バラック(Michael Ballack, 1976年9月26日 - )は、ドイツ・ザクセン州ゲルリッツ(旧東ドイツ)出身の元サッカー選手。現役時代のポジションはミッドフィールダーで、ドイツ代表であった。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「ミヒャエル・バラック」のつながり調べ

  • フレディ・ボビッチ

    フレディ・ボビッチから見たミヒャエル・バラック

    イングランドから帰国後は、ボルシア・メンヒェングラートバッハと交渉するも、自身が望む金銭面での開きあったため失敗に終わり、最終的に2002年9月2日に昇格組のハノーファー96と契約した。27試合14得点を挙げて自身の地位を再確立することに成功し、キッカー紙の投票による年間最優秀サッカー選手賞では、ミヒャエル・バラックに次ぐ2位に選ばれた。しかし、2003年5月20日に2年契約したヘルタ・ベルリンでは、ルパート・ショルツ会長から公に不満を言われるほどに精彩を欠き、また、冬の中断期間ではハンス・マイヤー(en)監督から親善試合への帯同の不参加を言い渡されるなど、厳しい状態に置かれ、2季の在籍で54試合中わずか8得点となった。(フレディ・ボビッチ フレッシュアイペディアより)

  • エースナンバー

    エースナンバーから見たミヒャエル・バラック

    一方でマンチェスター・ユナイテッドにおける7番のように各チームで固有のエースナンバーも存在する。(ジョージ・ベスト、カントナ、ベッカム、クリスティアーノ・ロナウド、マイケル・オーウェンなどが付けている)。他には、オランダ国内においてヨハン・クライフが背負っていた14番、ドイツ国内における、戦時中に戦闘機パイロットの編隊長が自ら不吉な13番を付け空に向かうことから由来した13番(ゲルト・ミュラー、ミヒャエル・バラックなど)が固有のものである。日本ではセレッソ大阪の8番(森島寛晃、香川真司など)が固有のエースナンバーとなっている。(エースナンバー フレッシュアイペディアより)