石川直宏 ニュース&Wiki etc.

石川 直宏(いしかわ なおひろ、1981年5月12日 - )は、神奈川県横須賀市出身の元プロサッカー選手。ポジションは主にミッドフィールダー(MF)。 (出典:Wikipedia)

[an error occurred while processing this directive]

つながり調べ

関連のありそうなワードから見た「石川直宏」のつながり調べ

  • 2010 FIFAワールドカップ日本代表

    2010 FIFAワールドカップ日本代表から見た石川直宏

    主力メンバーは2004年アテネ五輪世代(29歳?27歳)と2008年北京五輪世代(24?22歳)が中心となった。上の年代の黄金世代に比べると国際大会での成績が見劣りするため、「谷間の世代」「谷底の世代」と冷評されていた。ワールドカップを経験している30歳以上の選手も7名おり、ゴールキーパーの川口能活と楢崎正剛は4大会連続選出となった。候補に挙げられていた石川直宏や香川真司が最終登録から漏れる一方、岡田ジャパンでの実績が少ない矢野貴章や、大怪我により半年間実戦から遠ざかっていた川口能活がサプライズ選出された。(2010 FIFAワールドカップ日本代表 フレッシュアイペディアより)

  • 原博実

    原博実から見た石川直宏

    初采配となった2002年Jリーグ開幕戦では、前年度リーグ優勝の鹿島アントラーズを相手に、前がかりに走り続ける積極的なサイドアタックを繰り返し、4得点を挙げて圧勝。後の語り草となった。4-2-3-1の布陣を基本としつつ、同年獲得したMF石川直宏、DF加地亮のコンビで右サイドから打開し、左サイドには戸田光洋らFWタイプの選手を置いて中央へ走りこませるという左右非対称の斬新な攻撃 で上位進出に成功。2004年ナビスコカップでは延長PK戦の末に古巣浦和を下して、チームに初のJリーグタイトルをもたらした。(原博実 フレッシュアイペディアより)

「石川直宏」から見た関連のありそうなワードのつながり調べ

「石川直宏」のニューストピックワード